★WITHツアー・名古屋編その2。

その2です。
大した内容ではありませんが、ライブの中身に触れるので、京セラ初参戦の方とか、内容知りたくない方は読まれませんように...。



***


今回とても楽しみました。
セトリが、どういう流れで作ってるのか、いまいちピンとこなくて、TIMEやTREEのような分かりやすいまとまった流れみたいなのがなくて、後からちっともセトリ思い出せない、みたいな感じでした。
いろんな曲盛りだくさんで楽しいけれど、ついて行きにくい感じ?

**
VCR
1. Refuse to lose(登場)
2. Spinning
3. Why
4. Choosey Lover
MC
5. Baby, Don't cry
6. Believe in U
VCR
7. No?
8. Answer
9. DIRT
10. Survivor
11. Time Works Wonders
VCR
12. Special one
13. Before U go
MC
14. Calling
15. Duet
16.どうして君を好きになってしまったんだろう
17.Chandelier
VCR
18.HUMANOIDS
19.Break Up The Shell(トロッコ)
20.High Time
21.I Just Can`t Quit Myself
22.Love in the Ice
ダンサー&バンド紹介(映像)
23.Maximum
24.Rising Sun
25.B.U.T
MC
26.サクラミチ
27.With Love
28.We Are
29.Somebody to Love
**
Wアンコール、どうなんでしょうね??日産ぽく?
でも、ツアーでずっとやり続けたら、サプライズ感もなくなるし、なんか、あると分かっているのにコールもしないで2人が登場するのも、しっくりきません。
私の隣りにいた人たち、最初のアンコールで帰りました。親切な周りの人が呼び止めて、無事戻ってきましたけど。

ムビステは、すごいいいと思います。ドームでも、一度は近いトコで見られる人が増えてると思います。
バクステも絶対あった方がいい。TIMEの時よりもずっとずっと楽しめました。

MCは、ユノがとても自由にのびのびとやっていて~。それでどこで笑ったらいいのか、客席がとまどい、ユノはすべったと落ち込んでいました。
それで、翌日からこの10年でやったネタを全部やる方針になったようです^^
どぶろっくは、「もしかして」の短い一言の中に「し」が2つも入っているため、早く言えない、ということで、切ないバラードのように歌いました。シムさんのダメだしが厳しかったです。東京オーラスまでに上達を命じられていました。
そもそも、このネタは、もてない男のあり得ない妄想、という設定ですから、「向こうでオイラを誘ってるんじゃないの~?」と歌って、スタンドから猛烈な誘いが発生するようなモテ男が歌ってはダメな気がしますが。
ラッスンゴレライは、まともにオリジナルのネタを見たことがないので、ユノのあれが、どこまで独自のアレンジなのかわかりませんが、「ちょとまてちょとまてうなぎさん!!」はものすごく可愛い。やっぱりうなぎにも「さん」付けなんだぁ...。
初日はチャンミンがユノの水を間違えて飲んだのを申告したので、会場から悲鳴が上がってました。
こぼしたお水を自分で拭くチャンミンをユノがいつものこと、というのも、なんか悲鳴でした。
あとは、大滝秀治さん(これ完成度高い)とか、ピカルとか、ナベアツとか、あたりまえ体操とか。
チャンミンはXの歌を歌ったり、キュヒョンの歌(らしい、私は分かりません)歌ったり、長瀬くんの物まね(クロコーチ)したり。でも今回は、基本どこに行ってしまうか分からないユノのネタをアシストする役におさまっていた感じがします。
ユノが「なごや」であいうえお作文しましたが、みんなに「な」とか言え、と指示を出したらしいけど、会場が、「ユノ何言ってるのかわからない..」と困っていると、チャミが説明しなおし、「せーの」と指示を出し。
すばらしいアシスト。

アルバム聴いてない人ー?の質問に手を挙げるうそつき達に、「はーい、さっさと帰れーー」っていうのがちょっと嬉しかったです。絶対ウソだもん、目立ちたいだけだもん。
うっかり手をあげたスタッフさんいじりもおもしろかったです。

チャミのXjapanの歌をユノがあっさりさえぎったために、「もう1回」コールを始めた客席に「変なクセがつきましたねぇ~」「それ、直しましょう」とシム先生のお叱り。
そういえば、MCの最初で後ろに行って話しましょうか、と2人が言うとアリーナ前方から「えーっ」ってブーイングが起こって、ユノが「なーんでえーですかー」「あ、そういうこと?」「こっちにも人がいるけどー、あっちにも人がいるんですよー、そういうことですよー」とめっちゃ優しい幼稚園の先生ユノが見れました。

MCはそれくらいかな?
たぶんTime Works Wondersだと思うんですけど、ムビステの動き始め、ユノがよろけました。名古屋は2回よろけたと思います。3日目は、結構よろけて、怖かったです。
TREEでも、One and Only Oneかな??よろけてましたよね..。怖いです。

チャミが脱いだのは初日だけでした。
2日目はBUGでボタンを外しただけ..。3日目は全く気配もなく。
初日はチャンミンのお祝いをしました。
アンコールの時に、ユノが「もう1つ思い出を作りましょう」と言って。
ひたすら、2日遅れの、を繰り返すチャンミン。照れるのかな~。
ケーキにぐるっと配置されたろうそくを真ん中にまとめはじめる。炎が大きくなる。ほぼ火事...。
誰も止めないのか??と思ったけど、結局ものすごい大きさに育ったほぼ火事なろうそくを吹いて消しました。
そして、さあ、覚悟できたか?諦めろ、行くぞ、って感じでチャミの頭をユノが押しますが、ほとんど顔に付かず。結局ユノが手でチャミの顔にクリームをつけました。が、かなりつけました。写真で見たユノのクリームとはレベルが違う。
ユノ、まだ歌わなきゃいけないし、手加減しないと...。
チャミによると、鼻の中にも入ったので歌えるかどうかわからないと。そんなに??笑

あと、初日にチャミがBelieve in Uの歌詞を間違えた気がしてます。他に言ってる人を見かけないので勘違いかも。
High Timeはユノが間違えました。これは本人が反省してたので間違いないと思います。
上手と下手が分からないユノも可愛かったです。

今回、コスプレのVCRとても可愛かったですね。
名古屋初日はまさかのメインのスクリーンが故障で、画面の一部がモザイク状態になり、それがちょうどこのコスプレVCRのところでは、ユノの顔の位置で...。この日しか来られなかった人たち、あのちょこっとアイラインのユノを見れてないのですよね。なんてこったい。
ダンサー&バンド紹介は、すごく楽しめました。途中でユノが出てきたりして、ユノも普段より忙しくなりますよね。こんなにも盛り上げるために知恵を絞って工夫してくれてるんだから、ホントに、みんなでダンサーさんもバンドの皆さんも声援送りたいと思います。
今回結構前の方で見れたので、バンドメンバーが良く見えました。フクチョーさんの慌ただしさに驚きました。どんだけ楽器あるの、それを素早い動きでさばくのにもびっくり。
アンコールも、バンドメンバーさんみんなで手伝ってくれて、ホントに感動です。もっともっと会場が応えられると思うんだけどなぁ。

最後のSTLの最後、「チャンミンとオレ、またくるから」って言ってたのが、耳に残ります。
また来るから、すぐだから。
気になるじゃん、こういうの。君たち結構普段からネタバレ多いから、いろいろ妄想するじゃないの。

いろんな妄想もよぎり、いろんなこと言う人たちも多く、心は騒いだり、期待したり、覚悟したりしますが、もう決まっていることだろうし、私たちはいずれ全ての予定を聞くことになると思うので、慌てず騒がずです。
行ける所には行けばいいし、行けない時は、しっかりお留守番。
と、言い聞かせていますから、誰も余計なうわさ話吹き込んで、イライラさせないでね!!←誰に言ってんだ
・笑
[PR]
by mayuolive | 2015-02-28 23:21 | 東方神起
<< ギンガムチェックのワンピ。 ★WITHツアー・名古屋編その1。 >>